読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本愛華のひとりごと

幼い段階で自走できる人を増やす仕組みを創り後世に残したい

周りを動かすリーダーシップとは、Why→How→Whatで物事を考える。ビジネスブログはじめました@日本マイクロソフト

Simon SinekのGolden Circle “Stay with Why.” Why→How→Whatで物事を考えてみると景色は変わる。自社を自分事化して考えてみることをおすすめする。生産性上がるよ、きっと。

f:id:aika_kumamoto:20160302082144j:plain

Why:なぜ、組織が存在するのか

この世には数多の組織が存在する。営利団体の会社だけではない、非営利団体のNPOもそうだ。もう少し大きな枠組で日本という国家も一組織であり、そういう意味では地球という枠さえも一組織だと捉えている。

  1. Why:なぜ、組織が存在するのか
  2. How:どうやって、その組織はそのなぜの答えを実現するのか
  3. What:なにを具体的には実行するのか

組織に属している一社員として、自分事化して考えてみる

組織の大小にかかわらず、世界中に存在するすべての組織は、社会との関わり方を考えるべきだと個人的には考えていて。自分事化して落としこむと、

  • 自分が所属している組織はこれらの点においてどう考えているのか
  • 所属まではいかなくても協力している企業などがあれば、そこでも同様に考える必要があって
  • はたまた個人(自分)でも考える必要があると考えている

具体的には、熊本愛華個人の存在理由も考える必要がある

組織や仕事として

  • マイクロソフトはなぜ存在し、リーディングカンパニーとして社会にどう貢献/実現していくべきか、を知る必要があり
  • その一組織に属している社員として、その「なぜ」から役割を落としこむ必要があり
  • 他には、寄稿など小さなことでもお力添えしている組織があれば、そこの理念やそのメディアをなぜ運営しているのかを知った上で活動する

生身の人間として

  • 組織とは関係なく、自分自身の個人の存在理由だって考えて生きている
  • なぜ地球ができ、なぜどのようにして人類は存在するようになり、日本という国および日本人が存在するようになったのか、を去年は考えていた

Why:マイクロソフトはなぜ存在しているのだろう、一社員としての役割とは

こちらについては、別ブログを立ち上げて記載しているのでご覧いただければと。簡易紹介すると、日本マイクロソフトにてDeveloper向けマーケティングを行ってまいります、日本の技術力向上にすこしでもお役立ちできれば幸いです。同志からの建設的なご指導いつでもお待ちしております、だ。

Why:なぜわたしは生きているんだろう

去年は「なぜ生きているのか」の答えをずっと探していて。結果、後世になにかを残すことが人類が生きる意味なのではないか、という結論に至った。そこから、生涯の夢「幼い段階で自走できる人を増やす仕組みを創り、後世に残したい」と一時確定し、それを実現するべく日々邁進している。

Why:簡単なお仕事でもその組織の理念やメディアのWhyを知った上でお力添えするかを考える

他メディアで寄稿依頼を受けた際も確認した。「そんなこと聞かれてもわたしだって知らないよ。。」という社員は多いと思う。わたしも過去に所属した組織においては深く落とし込めていなかったので、おなじ質問をされたときの困惑している自分が目に浮かぶ。ただ、それがわからない上では一分一秒たりとも時間を割きたくない。なんのために?がわからず、ただ書くという作業がだれかの心に響くはずがないし、役立たないなら存在すること自体が社会悪にだってなる。(一定数は必要悪かもしれないが)

あらゆる活動における行動指針とは

寄稿や自身のブログ、他の発信する活動においても同様だが「熊本でできるなら、わたしにもできるかも!」と前向きに自走したいと想える人や、「こういう考え方があってもいいんだ」と自身の固定観念をぶち破っていこうとする人のお力添えができるといいな、という想いを込めて日々活動している。

最後に

こういう流れで「なぜ」から物事を考えられると景色が変わるのでおすすめ。他人に対しても固定観念を持って接するのではなく「なぜ、彼はそういう思考にいきついたんだろうか」を考えると、必要悪な存在からでも学びを得ることは存分にある。この一ヶ月の学びは別途書いていこうかと。改めて。マーケティング視点で書く記事を別ブログに書いていくことにしたのでご紹介。数年後にad:techで登壇できるようになりたい。(ぼそっ

前編はこちら

日本マイクロソフトに転職して2週間半。新入社員が確実にできることとは。固定観念からの脱却、新たな風を吹き込むこと

入社以来本当に学びが多い毎日で感謝で胸がいっぱいだ。会社からいただいてばかりいるわたしでも、会社に対していますぐにでもできることがあるはずで。世間でもよく言われることだが、新入社員が既存社員よりも唯一確実にできることは、社内に新たな息吹をもたらすことだ。

特に、わたしのような社内で異色な存在ができることは、固定観念化されているそもそもの前提を違う視点から捉えてみることであったり、これまでと異なる方法でも成果が出そうならとりあえずやってみるを繰り返し行うなかで、Growth Mindsetするお力添えをすることだと考えている。

では、いますぐにはじめられるきっかけづくりの第一歩とは。こちらはわたしの場合の話になるが、これまでの情報発信で培ってきた独自の発見を社員に共有することが、社員の情報発信の手助けとなり、その仕組みの連鎖や拡大によって、最終的にはMicrosoftのミッション「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」を実現していきたいと考えていて。先日記事をバズらせていた同僚のひとりをきっかけにその仕組み化の第一歩を踏み出せたことで、微力ながら会社に貢献できたことを心から嬉しく想う。

そして、実際になにをしたか。同僚に対して記事を書く上で大切にしていること(工夫よりもそもそもの考え方)を共有した。たったそれだけなので、わたし自身がすごいとは欠片も想わない。ただ、同僚の能力を惹き出せたことに関しては本当に光栄だな、と。

さて。こちらの記事を目にした人は多かと。週刊はてぶランキングで間違いなくTOP5には入るレベルだ。先日、同僚で米MicrosoftのTechnical Evangelist 牛尾 剛さんの記事がSmartNewsやGunosyなどの外部メディアに掲載されるほどにバズった。

f:id:aika_kumamoto:20160215071224p:plain

彼の素敵なところは、圧倒的な向上心と素直さ/相手への尊敬の念の強さ、行動力で。素朴な疑問を「気軽に聞」き、相手の意見を素直に受け入れ、それを半端ない熱意で吸収し、短期間で行動に移す。こういったところが世界的人財としての肝だったりするのかなって。

2週間前の入社初日「どうやったら記事バズるの?」と初対面の一言目に質問してくださったことが印象的で。(わたしはわたしの方法しかわからないので)まず、エンジニアと親和性が高そうなはてなブログを作って/既にもっているなら活用して、これまで書いていたメディアと比較したり、そもそもの書き方を工夫してみて(いろいろ話したけど省略)って話をした翌週にはこのバズり様で(笑)

個人的には、彼の魅力的な考えや想いが、多くの人々の心に届くことによって、人々のなかで無意識に強くなっている固定観念が少しでも弱まり、自分自身や他人を認めあえる人が増えると嬉しいな、と考えている。

f:id:aika_kumamoto:20160215075659j:plain

最後に。この3週間でもうひとつ大きな学びがあって。コミュニケーションとは、をつねに考えていて。「人は見た目が9割」の著書にもあるが、相手になにかを伝えたいときの影響力として、身だしなみ/仕草/顔の表情/声などが93%を占め、話している内容はたったの7%でしかない。だから、自分の伝えたいことを相手に伝え話を進めるためには、前者を改善する方が圧倒的に効率的だ、ということで。ということで、まずはわかりやすく改善できる方法として黒髪にしてみたよ。

※本ブログは、個人の意見であり所属会社とは関係がありません。

だれでもすぐにできる!心の距離を縮める方法。コールセンターやメール対応業務で特に効果的なコミュニケーション法

コミュニケーションをとる上で大切にしていることってなんやろう、と改めて考える機会があったので言語化してみた。

  • 相手が心を許しやすいようにオープンマインドで接する
    人の心に踏み込むことを人は恐れる。たとえば。親しい間柄である彼氏や同僚にさえ、嫌われたら怖い/自分が傷つくのが怖いから本音を伝えられないなど
  • 相手の貴重な時間を費やしてくれていることに対する感謝の気持ちを忘れない
  • 相手を深く知るなかで自分はどんなお力添えができるか、を懸命/賢明に考える

ひとつめに関して具体的には。

  1. (事前情報を共有し)自己開示する/壁をつくらない。相手が「わからない/見えない」ことで感じる不信感をなくす。◯◯県◯◯農家作の野菜!と作り手を明示した商品展開が増えたのはこういった理由かな、と
  2. 虚心坦懐で固定観念/自分の物差しで物事を考えず、相手を理解しようと努め、相手を認める(人間だれしも異なる生き物だという大前提を忘れない)
  3. 素直に相手の意見に耳を傾ける、もちろん拒否や否定もしない。相手の意見を理解できなければ「なぜそう考えたのか」を率直に聞く。理解できないのは基本的には自分自身の器/思考の浅さ/知識量/質問の悪さの問題で相手に非はない
  4. その上で自分の考えを伝えるときは、言葉の定義を明確にし、あかちゃんに話す感覚で伝える(なんでわかってくれへんねん!とはならない)※簡潔さが課題

https://www.instagram.com/p/BBxI_ftvlQ6/

と書いたものの、これって相手の顔が見えている/知っている前提の話やなって。「人は見た目が9割」の著書にもあるように、相手になにかを伝えたいときの影響力として、身だしなみ/仕草/顔の表情/声などが93%を占め、話している内容はたったの7%でしかないという事実がある。ということは、前者が不透明な場合(コールセンターでは声のみ、メールだと文面のみ判断材料となる)、相手がどんな人間かを想像しにくいことで生じる不信感を拭えないツール(電話やメール)で伝えるのと対面で伝えるのでは、同じ内容を伝えたとしても圧倒的な差が生じていることになる。これってもったいないなって。

ということで、コールセンターやメール対応業務では、安心感/親近感を与え、不信感を払拭できる程度のなにか、ペルソナの顔写真などを表示するといいのかも、なと。人によって安心感の度合いが異なるという問題は次の課題だが、こちらは質で解決するんやろうね。個人と個人、個人とお店/会社。CtoC業務、BtoC業務含め、すべてのコミュニケーションにおいてあてはまることやなぁ、と。

なんてことを、お気に入りの野菜ジュース(写真)を買いに行った際、店員さんのお悩み相談を解決していくなかで気付けた。人の相談を自分事化して捉えると、伝える=言語化するので、自分への気付きも多くておもしろいね。

バレンタインとは。慣習 > 想いで見返りを求める=コミュニケーションの破綻。固定観念化を見直して新たな発想を。

「バレンタインを社内で禁止にしないといけないね」という言葉を数ヶ月前に耳にしたときから疑問やった。なんで禁止にしないといけないんやろう、背景にはどんな想いがあるんやろうって。

本来、ただ単にプレゼント(チョコ)をもらうだけやとめんどくさくないはずで。(興味がない相手からプレゼントをもらうことを重いと捉えてしまう人はめんどうに感じるのは同意ではないが理解はできる)だから、禁止理由は、お返ししなくちゃいけない義務感が、人間関係を窮屈にさせてしまっているからやなって。

で、そこで疑問なのが「なんで返さなくちゃいけない/返してほしい前提なん?」ってことで。自分自身がなにかしらの想いを伝えたくて。その形が単にもの(チョコ)で。伝える上で相手が受け止めやすい日を考えたらValentineの日だよね、て話なのに。なんで見返りを求めてしまっているんやろうって。

f:id:aika_kumamoto:20160211171749j:plain

via ぱくたそ

結局は、慣習 > 想い になってしまっているからコミュニケーションがおかしなことになっていて。

コミュニケーションの基本は「相手に対してどんなお力添えがわたしにはできるのか」で、もちろんGive and Takeでもない。相手にGiveし続けている間に得られた気付きや相手の時間が自分へのGiveで。行動をした時点で95%は完結している。だから、見返りを求めてしまっている時点で、コミュニケーションが破綻していて。破綻しているのに行動するのはさらに自分本位でしかなく本末転倒やんって。

と、バレンタインを例にしたが、どれだけ慣習化されたものごとでも一度考えてみてほしいなって。「あれ、なんのために行動するんやろう」ってことを。受動的(慣習やから社交辞令的にしなくちゃいけない)ではなく、能動的(自分がしたいという想いがあるからする)に考えられると、より良いコミュニケーションが生まれるし生産性も上がるはず。

最後に。個人的には、生きるという有限な時間のなかで社交辞令的なにかをするって行為をする時間がもったいないなって考えているから一切しなくて。能動的に考えられる、自分の気持ちだけを大切にしている。(だから、今年は大尊敬している三人の方にしかチョコを渡さないよ)海外では男女問わずプレゼントしたい人に渡していて、日本の文化とは大きく異なる、ひとつの文化にさえ表れる自主性の違いが顕著。将来的には数ヶ月間の海外視察にも行きたい、ね。

そういえば、なんやかんや毎年バレンタインネタ書いてるね(笑)

日本マイクロソフトに入社して一週間。慣れは思考停止につながるので初心を忘れないように。

日本マイクロソフトに入社して一週間。読んでくれたあなたが長い間同じ会社にいることで忘れかけてしまっている「自分がなぜ入社したのか、なにを成し遂げたいのか」という想いを振り返るきっかけになれば幸い。

この先、いまわからないことがわかるようになっていき、いまできないことができるようになっていく。いまないものが無意識である状態になるってことは、いまよりも容量が大きくなるわけで。

容量が大きくなった状況というのは、試練という名のチャンスへの緊張で胃がキリキリしながらも脳が呼吸できないってほどいっぱいいっぱいになって泣きそうになったり悲鳴を上げながらも、それを乗り越えて力をつけていくことでしか見えない景色で。自分が成し遂げたいなにかへのひとつの道筋「希望」を積み重ねることでしか、諦めずに慣れずに忘れずに、成し遂げたいという想いをもち続け、その上行動し続けた先にしか味わえない景色やなって。

筋トレが好きな理由は、吐きそうになりながら呼吸も苦しくなりながらも追い込めるところ。で、追い込んだ先、限界突破した先に見える景色が自分のひとつの発見や武器にさえもなる。このPDCAの高速回転をひとりでできるっていうのが大きい。(世の中の多くはひとりだけで成し遂げるのはむずかしいからね)

また、どれだけ早いペースで、この景色を味い続けられるかも大切で。一回り大きくなるのに5年かかったら意味がないわけで。毎日のマイナーアップデートがあるなかで、数ヶ月に一度メジャーアップデートを自分で感じられるくらいにはなりたいなと。

とはいえ、なにもできないわたしがそうなるためには、素敵な執行役員をはじめ入社前から大好きな上司やチームのみなさまのお力添えをいただけてできることでもあるのでみなさまに感謝しつつ、はやくそれ以上にお礼を返せるようになりたいなと。

わたしは「幼い段階で自走できる人を増やす仕組みを創り、後世に残したい」という生涯の夢を実現する上で習得する術がたくさんあるチームおよび会社に入社して。以下引用しているMicrosoft CEO Satya Nadellaの言葉にあるように、組織のtopが長いあいだ、この高尚な想いを掲げている組織(会社)だからこそ、いまや未来のMicrosoftがあるわけで。読み返すたびに、この高尚な想いを掲げている仲間がたくさんいる組織に仲間入りできたことを嬉しくも本当にありがたくも想う。

地球上のあらゆる人とあらゆる組織が、より多くのことを達成できるようにするためのプロダクティビティソリューションを再発明していきます。

これらの想いを常に心に刻んでいたい、忘れるはずはないのだがそれでも忘れないように。

https://www.instagram.com/p/BBJTqJRvlYQ/

それにしても、この緊張感はめっちゃ気持ちいいね。初上京と初巨大ベンチャー企業を味わったグリー以来。昨日より今日、今日より明日が興味深い一日になる毎日を過ごそう、ね。